東京キャンプ
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
沖縄トリップ
先週、仕事おわりに最終便に飛び乗って深夜
たどり着くは沖縄。

珊瑚の浜辺
凪いだ海

いつもいつも心にあって
愛しくて帰りたい場所

たくさんのパワーを受けとったら
さあまた 私は私を 生きよう

走ろう

飛ぼう

そして私も きっと
だれかのパワーになれるように。@iwasaki






ひだまり
3/14に、おたがいさまフェスタ2010に遊びにいった。
ケアセンターふらっと」は、人生の途中で事故や疾病の後遺症として障害をもたれた、高次脳障害の方を支援する世田谷のケア施設。
これもまたご縁で、昨年ボランティアをさせてもらっている。

手のひらの動きだけで意思を伝える、ケンタくんのDJを聴いて、いつか青空のもとみんなが一緒に楽しめるピクニックができたらなんて夢見ていたのだけど
ひだまりは ここにあった。

ここちのよいひかりがあつまり
人と人のいのちや、こころが ぬくもりをつくりだしていて。
きらきらと 光と 温度がうまれていた。

いろいろな人が集い 境界線のない
いのちと いのちがつながり合う場所。
それはスタッフの方達と、ふらっとを利用される方との信頼によってうまれている。

たくさんの笑顔と音楽に満ちた そんな午後におじゃました。
おじいさんの歌声は とても心に響いて。

車いすをひくことさえままならないけれど
また今度 お手伝いをさせてもらいたいな。@iwasaki


ENEXでプレゼンしてきました
少し前になるのですが、
地球とエネルギーの調和展 ENEX2010に参加してきました。
ステージイベントの一つとして、東京キャンプの生まれるきっかけとなった
朝大学の出張授業があり、岩崎&金子で東京キャンプのプレゼンをしてきましたー!





朝大学・環境ソーシャルプロデューサークラス第二期&第三期から生まれた企画5つを紹介したのですが、我々にとって、第二期歩いて帰ろうチーム以外はお初の皆さん。
プレゼンそっちのけ(といっても私は無言でパワポをポチポチする役ですが。)で楽しんでしまいました。
そのアイディアーーーーーー!うぐぐっ。と唸ってしまうものばかり。
朝大学に参加して思ったのは、アイディアを実現するためには背中を少しだけ押してくれる場・人がいるだけで十分、ということ。
朝大学という場、何か企画を生み出さないといけないという力、ひらめきを与えてくれる先生。
それがあるだけで、こんな普通の私たちが一つのアイディアを実現できる。
世の中はもっと面白くなる。


ということで、無事終了したプレゼンでしたが、
いつも通り気合の入った資料作りでしゃべりの方の練習ができなかったという代表・岩崎。
傍らでハラハラしたのも事実ですが、その素朴な感じがまた新しい人を惹きつけちゃうんだよなーと、ちょっと羨ましい私でした。
屋久島からのことば
先日あたたかなご縁でお会いすることができた
長年屋久島を撮り続けている写真家の方は
まるで森を纏っているような 森のひとでした。

ーーーーーーーーーーーーーー

島に戻って、昨日から森に。何となく芽吹きの気配がしますね。
春を告げるアオモジの花芽が里ではふくらみ始め、来週からの予報では雨模様。で一気に花咲くことでしょう。
2月14日は旧暦1月1日、新年です。私もこの日が今年の始まり。今は立春ですが、次の雨水がはじまると一気に森の木々が動き始めます。
今年も森の中で目に見えないほどの小さな、いのち、を見つめたいと思っています。
雅美さんも、都会の中のいのちを見つめつづけてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーー

送ってくださった この文章を
何度も 何度も
ゆっくり 丁寧に 読み返しては
まだ見ぬ屋久島の森に 想いを馳せました。

都会に存在する 小さないのち
緑や 土や 風や ひかりを
私もこの東京で 感じて みつめて 愛していきたいと

そしてそれを託されたような メッセージのバトン。
畑キャンプ
昨年11月、green drinks Tokyoキャンプが終わった日に
ライターの友人からお声のかかった「畑(はた)キャン」。

朝霧ジャムのときにちらっと紹介してくれていたのですが、東京町田のとある畑で、採れたて野菜を食すというなんともナイスな畑キャンプを開催されているそうで。
11月下旬の寒さもなんのその、友人と毎年フェスでお会いするナイスなご夫婦が参加しました。

その様子が、無印良品の「外あそび」というフリーペーパーに掲載されています。

畑キャンプってステキなアイデア。地方でも楽しめる!
農家さんは普段こういう遊びをしているのかな?

田園風景と山々を眺めながら、ゆるゆる音楽流して
ビールとおいしい野菜で畑キャンプ。。。
ん〜! 想像しただけでもたまりません。

豊作祝いにご近所の人が集まって畑キャンパーティ、なんてのもステキですよね。

フリーペーパーは無印のお店に置いてあるそうです。
ぜひチェックしてみてくださいね。

とーっても美味しそうな野菜たち。
こんどは私もおじゃましてみよっと♪








Solaryth


キャンプ仲間の友人がアウトドアショップ「Solaryth(ソラリス)」をはじめました。

インポート&ビンテージ アウトドア用品と、リラックスインテリアなどを取り扱うWebショップです。
Solarythは太陽のSolarとRythm(リズム)から作ったという、何ともナイスなショップネーム。

店長のソウタロウ君とはキャンプ仲間で、これまでも海に山に音楽フェスにといろいろなキャンプを楽しんできた仲です。彼のキャンプ魂はすさまじく、この前は、山の中でお風呂を作ったほど!笑

自然とキャンプを愛する彼は志が同じで、東京キャンプも毎回手伝ってくれる心強い存在です。昨年のgreen drinks TokyoキャンプではSolarythとしてプレで出展してくれました。

思わずワクワクしてしまうカラフルでかわいいサイトには、これからどんどん楽しいグッズが加わるそうです。
ぜひチェックしてみてください。ブログツイッターもぜひ!
東京キャンプ 海外ルポ@メルボルン編
こんにちは。東京キャンプ代表のイワサキです。
しばらく更新できませんでしたが先月メルボルンに滞在していました。

南半球で夏真っ盛りのイメージですが、12月は予想外に涼しく20〜25度くらい。
1日に四季があると言われるほど天気の変わりやすいメルボルンでは、カーディガンと折りたたみ傘が必需品でした。あとサングラスも!紫外線は日本の5倍だそうです。

慢性的な水不足に悩むオーストラリアは、シャワータイムをひとり3〜4分にするよう政府が呼びかけているそうです。ホームステイ先のシャワールームには砂時計まで !
水のありがたさを感じずにはいられません。

それではさまざまな国籍の人が暮らす、フレンドリーで居心地のよいメルボルンルポをつらつらと〜。

■公園日和
市街地にも大きな公園がたくさんあり、至るところで人々が公園でピクニックなどを楽しんでいました。

ビル群と自然が共生しているまち。空が大きく、緑があって、気持ちいい〜。


■マーケット
メルボルンで一番大きなQueen Victoria Marke。毎週水曜はナイトマーケットが開かれます。

食材から洋服まで色々なお店が出店していてライブもあります。

たくさんの人々が訪れ遅くまでにぎわっていました。

アウトドアショップもありました!色々な種類のハンモック〜。たまりません。

どれもカラフルでかわいいです。テントに飾りたい・・。


■クリスマスイベント
滞在中はクリスマスが近く、さまざまなイベントが開催されていました。
クリスチャンのホストマザーが近くで毎年開催されるChristmas Carolsに連れて行ってくれて、平日にもかかわらず、たくさんの家族が訪れていました。

夏は21時ごろまで明るいメルボルン。

お父さんも仕事が終わってから家族と一緒に参加します。日本では考えられないですね。


子ども向けのワークショップもありました。

紙や生地やペンを自由に使ってデコレーション&ペインティング。子どもの発想はなんとも自由!

Carolsがはじまれば、子どもたちは大はしゃぎ!クリスマスソングに合わせてダンスダンス。

おじいちゃんおばあちゃんから子どもまで。地域の家族がみんな一緒にたのしんでいて、なんとも平和であたたかな光景です。



これはまた別のクリスマスイベント。ここでも平日にもかかわらずたくさんの家族が訪れていました。

子どもにフリーでしてくれるフェイスペイントも。ステイ先のSarah(3歳)のリクエストは「スーパーヒーロー」。おてんば娘もちょっと緊張ぎみです。


もともと東京キャンプは平日の仕事おわり、アフターファイブを想定して企画していただけに、メルボルンの人々のライフスタイルは理想的で、いろいろと感じるものがありました。
日本でも、平日の仕事おわりにこうやって、家族と一緒に自然のある場所に集えたら 最高ですよね。
今年の夏こそこういうイベントを開催したいなぁと思いつつ・・・。



ラストは、スーパーヒーローSarahのとびっきりスマイル!loves!


東京キャンプ出張報告@ボルネオ編
東京キャンプメンバー金子さんによる出張報告@ボルネオ編。


東京キャンプ ボルネオ出張編!

さすが熱帯地域、緑のエネルギーがビシビシ伝わってくる感じ!
マレーシア・サラワク州クチンという街に行ったのですが、本当に緑豊かで、こんな場所でキャンプしたら楽しいなー、と思いました。

クチンは世界的にも有名なRainforest World Music Festivalが開催される場所でもあるんです。

世界中からミュージシャンが集まって、熱帯雨林のど真ん中でコンサート!ん〜、すばらしい!
東京キャンプでもいつか音楽とのコラボレーションをしてみたいです♪





==============================

次は夏真っ盛りのメルボルンから報告の予定!
どうぞお楽しみに♪